オッズパーク

総合TOP競馬競輪オートレースLOTO

最新の初夏賞の予想情報はこちら

 

第1回 初夏賞(佐賀)

レース概要

開催日2013年5月25日(土)
実施場佐賀競馬場
距離ダート1,400m右回り

地方専門紙のおすすめ買い目

馬単 11→1 11→4 1→11 4→11 1→4 4→1 11→2 1→2

レースの狙い

難解な一戦だが、好位差しが狙えるリアリーザワールドを中心に指名。エイブルトップガンは長期休養明けでも動けるタイプで、この距離もプラスになるだろう。連続3着のカシノペンダントにもチャンスあり。アリューバニヤンは最内枠から逃げが打てれば、粘り込む可能性があるだろう。流れ込み図るワンパクテンシが連下の押さえ。

出走馬短評

アリューバニヤン 前走は大敗を喫したが、その前は3戦連続で好走。今回は最内枠が大きな味方で、先手が取れれば残り目が十分考えられる。

リアリーザワールド JRA未勝利から浦和に移籍して3歳戦で2勝をマーク。4走前の佐賀転入初戦は大敗したが、その後の3戦は善戦しており、今回も善戦以上が期待できる。

エイブルトップガン JRAでは2回の2着が最高着順だったが、佐賀転入初戦で初勝利。しかし今回は8カ月の休み明け。気性的に対応は可能だろうが、多少の割引は必要だ。

ワンパクテンシ 唯一の勝利は昨冬に挙げた園田C2クラスでのもの。スピードはあるが折り合いが最大の課題のようで、今回もどこまで流れ込めるかというところだろう。

スターペスレイコ 昨年の初夏特別では1番人気に推されたが6着。それ以降は苦戦ぎみとなっており、近走の成績からも多くは望みにくいといえそうだ。

タイセイスナイパー JRA未勝利から転入して4戦を消化したが、底力に欠ける走り。差のある敗戦続きからいきなり一変する可能性は低いだろう。

コスモアバンティ 唯一の勝利はJRAでの芝1400メートル戦。ダートでは17戦して3度の4着が最高成績というのでは、転入初戦という面も含めて様子見とするのが妥当といえる。

カシノカルミア 佐賀で挙げた6勝はすべて秋シーズン。春から夏にかけては苦戦ぎみというパターンで、近走の成績的にも苦戦必至となるだろう。

マイネルダウザー B1クラスで善戦してきたが、ここ5走はすべて2秒差以上の惨敗続き。山口勲騎手を配してきたのは気になるが、それでも一変までは厳しそうだ。

カズノミラクル 1年以上、勝利から遠ざかっているが、善戦傾向はあるタイプ。ただ、最近は粘り不足が目立っており、ここもうまく立ち回ってどこまでというところだろう。

カシノペンダント 未勝利馬だが、JRAで善戦した実績と、近2走が連続3着という成績はこのメンバーなら注目可能。展開が向けば善戦以上が狙えそうだ。

出馬表

賞金 1着400,000円 2着92,000円 3着36,000円 4着20,000円 5着12,000円 

枠番馬番所属馬名性齢負担重量調教師騎手
11佐賀アリューバニヤン牡856.0高田豊石川慎
22佐賀リアリーザワールド牡556.0松島壽山下裕
33佐賀エイブルトップガン牝454.0大垣敏鮫島克
44佐賀ワンパクテンシ牡456.0中野博長田進
55佐賀スターペスレイコ牝754.0大垣敏田中純
66佐賀タイセイスナイパーセン456.0山田義倉富隆
7佐賀コスモアバンティ牝554.0山田義竹吉徹
78佐賀カシノカルミア牝654.0山田勇南谷圭
9佐賀マイネルダウザー牡656.0山田義山口勲
810佐賀カズノミラクル牡6☆ 55.0中野博川島拓
11佐賀カシノペンダント牝454.0北村欣吉田順

過去のデータ

過去の傾向

過去5年の初夏特別(1400メートル・B2-1組)を対象に傾向をみていく。前走が1700メートル以上で3着以内だった馬が、1頭だけ3着以内に入っているのが共通項。2走前までに1400メートル戦で3着以内に入っていた馬が1頭以上連対しているデータもある。連対馬はすべて4〜6歳で、4歳馬が1頭以上連対と若い世代が優勢。7歳以上で好走したのは、5年前の3着馬(8歳)だけとなっている。

 

Copyright (C) Odds Park Corp.All Rights
Reserved.